<   2008年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2008年 05月 26日
最高のお酒 星子
b0132193_16472998.jpg


東京・青山、外苑西通り沿いにあるバー「HOWL」。
そこのデニー愛川という伝説のバーテンダーは、
世界に誇れる日本で唯一の梅リキュール、『星子 HOSHIKO』を作っている。

『星子』は、数種類のスパイスやハーブをブレンドして作られた薫り高いお酒で、一口飲むたびに笑顔がこぼれてしまうほど、人をHAPPYな気持ちにさせてくれる・・そんな梅リキュール。

私が『星子』のお酒に出会ったのは、4年程前。初めて口にした時の感想は、「・・おいし~い」の一言。心も身体も自然にリラックスできる・・・そんなまったりとゆったりと酔えるお酒に出会えたのです。

その出会いから4年後・・・
遂に伝説のバーテンダーがいるデニーさんの所へ『星子』を飲みに行きました。
クラッシュアイスで冷やして飲む『星子』は、サイコー!!においしい☆家で作って飲むのもいいけど、雰囲気のあるお店で飲むのは、また格別でした。
2杯目は、「ホーホケキョ」というフローズンカクテル。これがまた、フルティーな味でデザートの様な味わい。デニーさんの手によって様々な表情を見せる『星子』。スパイスの奥深さを改めて知ることができる不思議なお酒です。


『星子  HOSHIKO』 に会いたくなったら・・・ 
http://www.hoshiko.co.jp/home/index.html

『星子  HOSHIKO』は、インターネットでも販売しています。
http://www.gohiikido.jp
[PR]

by spice-market | 2008-05-26 16:47 | 日々のこと | Comments(0)
2008年 05月 24日
Thanks a lot!!!
オープンしたばかりのSPICE MARKETですが、
昨日初めてのお客様が!!!

始めようと決めてから、ずっとこの瞬間を楽しみにしていました。
こうして自分たちが想いを込めた商品を買ってくれる人がいることに
心から感謝です!!

なんだか世界が変わったような、新しい感覚が体に満ちています。

この気持ちを大切に、これからも努力していきます。

本当にありがとうございました。
b0132193_2002270.gif

[PR]

by spice-market | 2008-05-24 10:50 | 日々のこと | Comments(0)
2008年 05月 24日
キャラウェイ・ケーキ
b0132193_005657.jpgキャラウェイを使った、ふんわりいい香りのスウィーツです。

材料(7×21㎝のパウンド)
A 薄力粉         150g   
A ベーキングパウダー 小さじ1
A キャラウェイシード  大さじ1
A シナモン        小さじ1/2
A カトルエピス     小さじ1/2
(クローブパウダー・ナツメグなど)

全卵             3個(150g)
砂糖            150g
バター            60g
サラダ油           30g
粉砂糖     適量

<作り方>
①Aは、合わせて一度は振るっておく。バター、サラダ油は同じ容器にはかり、湯煎にかけるかレンジで溶かしておく。オーブンは170℃に温める。

②卵をハンドミキサーでほぐし、砂糖を入れてあわ立てる。(熱めのお湯で湯煎にかけながら、すくったらトロリと落ちるくらいまで泡立てる。)

③Aを加えて、ゴムべらでなめらかに混ぜ合わせる。バター、サラダ油を3回に分けて加える。その都度混ぜる。生地がなめらかになったら型に入れ、170℃のオーブンで40分〜45分焼く。

④竹串を刺して生地がついて来なければ焼き上がり。オーブンから出し、あら熱が取れたらラップを被せておく。

⑤粉砂糖にほんの少しの水を加えて練り混ぜ、アイシングを作る。ケーキが完全に冷めたら上から垂らして出来上がり!


キャラウェイの風味をよく生かしたものに、ライ麦パンやクッキーがあります。生地にキャラウェイのシードを加え一緒に練り込んで焼くと、爽やかな香りとツブツブの歯ざわりが楽しめます。ツブツブの歯ざわりが苦手な方は、すり鉢やミルミキサーなどで粉砕したものを使っても美味しく食べられますよ。
シフォンケーキに似たやわらかい食感の生地の中に、キャラウェイとシナモンなどのスパイスがあま〜くお口の中に広がります。生クリームを一緒に添えて食べても美味しいですし、もちろんそのままでも☆
カトルエピスは、クローブやナツメグなどを合わせて作ったものですが、無ければクローブだけでもナツメグだけでも良いと思います。


※SPICE MARKETではキャラウェイの入ったお菓子&パン作り用スパイスセット、
SWEETS SPICE SETを販売しています!
[PR]

by spice-market | 2008-05-24 09:30 | スウィーツレシピ | Comments(0)
2008年 05月 21日
ABOUT US
b0132193_1522132.gif

SPICE MARKETが、ようやく動き出しました。

旅が好き、という仲間たちがそれぞれに思っていたことがありました。
旅をキーワードにできるような『何か』をやってみたい。
たくさんの人たちに、旅を感じてもらえるような、その素晴らしさを伝えられるようなことを。

そんな中、去年私は初めてインドに行きました。
この仲間たちも一緒に。
インドはもう6回目、というベテランと1度目のインドが最悪だったというリベンジ組と初心者の私たち。

『インドは呼ばれる』とはよく言ったもので、今まで訪れるチャンスがなかったのが不思議なほどに、するすると出発が決定したのです。

行こうと決めた翌日には全員がチケットを取り、一週間後には出発。
そして、このタイミングで行くために、今まで行かなかったのかもしれないと納得するほど、最高の旅となりました。

南インドの気候の素晴らしさ、自然の豊かさ、人々の優しさや温かさ、もてなしの心。
どこにいても、何かに包み込まれているようにリラックスして、のびのびとした毎日。

なんといっても、食べ物のおいしさには驚きました。
南インドならではの、ココナツオイルやココナツ、たっぷりのスパイスと
野菜や魚介類を使った料理の数々。

最高の想い出と共に帰国した私たち。
南インドの味を忘れられず、このおいしさを、スパイスだけではなく
南インドの良さを知ってもらいたいという想いから、とんとん拍子でスタートしたのです。

その仲間たちには、南インドのレストランで働いた経験を持ち
Varkalaの料理の先生について料理を勉強し、調理師免許を持つYUMIがいて、
WEBのデザイナー、そしてシステムエンジニアがいました。

そして、心から信頼できるインド人の友人がいること。

全員が全員の良さを発揮して、今すべてが動き出しました。

スパイスと共に、南インドの空気も届けられるような、
そんなSPICE MARKETでありたいと想っています。
[PR]

by spice-market | 2008-05-21 15:54 | お知らせ&イベント | Comments(0)
2008年 05月 21日
MASALA CHAI
b0132193_12591190.gif


マサラ チャイ (2人分)

材料

紅茶葉 小さじ2と1/2(アッサムなど癖のないもの) 
水 180cc
牛乳 180cc
カルダモン 1粒(包丁の背などでつぶします。)
クローブ 2粒
スターアニス 1/2粒
シナモンスティック 2cm
ブラックペッパー 1粒
しょうが 薄く切ったもの1枚
砂糖  きび砂糖が合います。甘さはお好みで。

作り方
1、鍋に水とスパイス、紅茶葉を入れて火にかけます。
2、茶葉が開いて来たら牛乳と砂糖を入れ、5〜10分弱火で煮ます。
3、茶こしでこして、カップに直接注ぎます。

チャイを作るのは本当に簡単なんです。
スパイスから煮出す、なんていうとめんどくさそうなイメージがありますよね。
私もSPICE MARKETを始める前は、マサラチャイ用のブレンドされたものを使っていました。
でも、インドで飲むチャイとは何かが違う、と感じることもしばしば、、。

新鮮なスパイスをお鍋で煮出す作り方だと、風味や香りがとても良く、
飲むたびに『ああ、これこれ!』と納得できるおいしいチャイができます。

そしてシナモンスティックを割ったり、クローブの粒を少なめにしたり、
スパイスのブレンドを変える作業がなんとも楽しいのです。
スパイス使いになったような気分。

すべての材料をお鍋に入れて煮出すだけのシンプルさ。
お味噌汁より簡単です。(変な比較ですが、、。)

紅茶の葉がない!なんて悩まずに、ティーバックの袋から茶葉を出して使っても
十分においしくできますよ。
一人分のチャイを入れるときもティーバックは便利なんです。
気楽に、考えすぎずに、一度おためしください。

ちなみに分量は2人分と書いてありますが、写真のようにインドスタイルの小さな
カップで飲むイメージでの2人分です。
チャイ大好きな私は、おおきなマグカップにちょうど一杯、
ひとりで飲み干しちゃいますよ。

SPICE MARKETではマサラチャイ用のスパイスも販売しています!
[PR]

by spice-market | 2008-05-21 13:15 | ドリンクレシピ | Comments(0)
2008年 05月 19日
オーガニック ナチュラルフード
b0132193_23273797.jpg
葉山にあるナチュラルフードのカフェに行ってきました。
そのお店は、spice market  food担当のYUMIが以前働いていた「GHEE」というカレーショップのオーナーの自宅1Fで営んでいる小さなカフェ。

逗子駅からバスに揺られて10分、そこから坂を登ったり降りたりしながら緑が多い小道に一歩足を踏み入れると、遠くに見えるのは青い海ー!!
何て最高の場所なの~と、ついつい声を出してしまうほど・・。
静かな場所にそのカフェはあって、奥さんと娘さんが笑顔で招いてくれました。

私たちが頼んだのは、ご飯とおかずとお味噌汁のセットとデザートの盛り合わせ。


ご飯は、玄米やひえなどがブレンドされた雑穀米。焼きなすとお豆腐が入ったお味噌汁は、八丁味噌の豆をその場でこして入れられたもの。焼いたなすの香りとお味噌の風味が引き立っていて、とてもおいしい。おかずは、ポテトサラダ、筍や百合根などの季節の野菜の和え物、おしんこ3種。どれもこれも優しい味付けで、素材の味がギューっと詰まったものばかり。
オーガニック食材を使ったナチュラルフードに舌鼓・・・。



そして、デザート。

b0132193_23275910.jpg
ヨモギのシフォンケーキ、おからが生地に練りこんであるスコーン(ドライフルーツ入り)、ラトラニ(ヨーグルトに数種類のスパイスを入れたデザート)、季節の果物3種。

シフォンケーキもスコーンも美味しかったけれど、ラトラニというインドのデザートは、このお店独自にスパイスをアレンジしていて最高に美味しかった!!


ほのかな甘さと柔らかい香りのスイーツに出会えた、幸せな一日でした。


snits cafe (スニッツ カフェ)

毎週 金・土曜日のみ営業 12:00~18:00
神奈川県三浦郡葉山町一色1261-19
TEL 046-876-0700
[PR]

by spice-market | 2008-05-19 23:14 | パン屋とカフェめぐり | Comments(0)
2008年 05月 19日
カシミールカレー
先週、インドで知り合ったカシミール出身のインド人で、日本人の奥さんがいる友人が、
奥さんと一緒に日本に来ているということで会いに行ってきました。
カシミール地方は、まだ訪れてはいないけれど、ヒマラヤ山脈と湖、そして刺繍や織物が
とても有名な美しいところだそう。

完璧にカシミールカレーをマスターしている奥さんからディナーを作ってもらいました。
チキンのカレーと、トマトチーズカレー、マトンカレー、ダールスープでした。

インド滞在中に、彼らからカシミールカレーをごちそうになったので、それもまた
懐かしく思い出しながら、おいしく頂きました!

spice marketのfood担当 YUMIが作り方を習っていたので、近く写真&レシピを
UPできる日が来るかな?

次回はしっかり写真を撮って来ます!
[PR]

by spice-market | 2008-05-19 10:55 | 日々のこと | Comments(0)
2008年 05月 18日
大好きな
b0132193_21474289.gif

南インドでは、チャパティについでよく食べるポロタです。
(パロタ、らしいのですが、ポロタとしか聞こえないので、、。)

チャパティの生地に卵が入り、発酵させているのでパンのようなもっちりとした食感。
そして焼いた後にポロタを叩くのですが、それをすることで層がくずれてパイのように、、。
この2つの工程がおいしさ2倍にしています。

本当に大好きなポロタ、カレーとの相性は最高です!

ポロタのレシピはSPICE MARKETのレシピをご覧下さい!
[PR]

by spice-market | 2008-05-18 21:47 | 南インド旅行 | Comments(0)
2008年 05月 17日
いつもの居場所。
b0132193_22441372.jpg


こちらはVarkalaの海岸沿いにある、Funky art cafeというカフェ。
アートはどこにもないし、カフェと呼ばれるおしゃれさもないけれど、
なぜか居心地が良くて、ほぼ毎日行ってました。

こうやって、椅子に座ってぼーっとチャイを飲んだり、お店の子とトランプしたり。

きっと今この瞬間も、ほとんど変わらないメンバーがあの時と変わらず、
この場所で働いているんだと思うと、なんだか愛おしい気持ちになります。

このお店の白身魚のバナナリーフ蒸しは絶品です!!
[PR]

by spice-market | 2008-05-17 22:48 | 南インド旅行 | Comments(0)
2008年 05月 17日
PARTY!
b0132193_22461522.jpg


インド滞在中、SPICE MARKETのメンバーが結婚したてだったので、
2人には内緒でWEDDING PARTYを企画しました。

友人のインド人たちと、イタリア人、スウェーデン人、イギリス人のツーリストを招いて。

10人以上の料理を、一人で作るYUMIはさすがです。
丸ごと買った小振りのまぐろを、全く切れないインドの包丁とはさみを駆使して
全部おろしたのには感激でした。

世界各国の人々が、何度もおかわりしている姿が、その料理のおいしさを表していました。

新婚の2人にも、準備した私たちにとっても、最高の夜でした。

メニューはこちら。

ビーツのトーラン、インゲンのパチェリ、イカとアーモンドの炒めもの、
トマト、なす、ゴーヤのマリネ風サラダ、揚げたまぐろのカレー、
チャパティピザ、チャパティ、ごはん。
[PR]

by spice-market | 2008-05-17 22:46 | 南インド旅行 | Comments(0)